法人ETCカードのメリットと魅力

法人ETCカードまる得取得ガイドについて

法人ETCカードとETCコーポレートカードを賢く取得するための専門情報サイトです。割引率や割引対象、割引道路などの説明や個人事業主でも利用可能なETCカードの紹介等々詳しく解説しています。

 

法人ETCカードのメリットと魅力

高速道路の利用料金を安く抑えることができるETCカードは、個人で持っている人もいれば、法人として持つこともできます。多くの場合、クレジットカードにETC機能がついていたり、ETCカードにクレジット機能がついているものが多いのですが、法人の場合では多くの社員が利用するので、クレジット機能がついているのでは不安なものです。そのため、クレジット機能がついていないタイプのETCカードを作ることをおすすめします。

 

法人ETCカードを持つことによって、それまで現金払いしていた高速道路利用料金に割引制度が適用されるので、最大で50%も経費削減することが可能となります。また、クレジットカードのように毎月1回の請求となりますから、経費の管理をしやすくなるというメリットもありますし、前払いではなく支払いを全てまとめて後から一括払いできるのも、法人ETCカードの大きな特徴です。口座引き落としによる支払なので、混雑している銀行の窓口に並ぶ必要がない点も、ETCカードを持つメリットと言えるでしょう。

 

クレジットカードの場合には、法人でも審査が厳しいので、個人事業の場合には審査に通らないなんてこともありますが、法人ETCカードの場合には審査がそれほど厳しくないので、クレジットカードと比べて持ちやすいのも魅力です。

 

カードを選ぶ際には、審査がそれほど厳しくないETCカードを選ぶだけでなく、発行にかかる手数料や、毎年かかる年会費などのコストも比較しながら選ぶようにしましょう。割引制度は高速道路ごとに時間帯や曜日によって割引が適用されることもありますし、ETCカード会社ごとに独自の割引制度が完備されているものもあります。

 

どこの高速道路をよく使うかによって割引の度合いが異なることもあるので、そうした詳細な部分までじっくり比較しながらカード選びをしたいものです。また、使用する車にとらわれずレンタカーや個人所有の車でも利用できるETCカードを持つことによって、どんな状況にもフレキシブルに対応しやすくなるというメリットがあります。

おすすめの法人ETCカード

クレジット機能がついていないETC専用のカードなので、社員に現金を渡さなくてもカード一枚で高速道路を利用することができます。毎月1度請求書が送られるので、管理も簡単ですし、現金で高速道路を利用する場合と比べると料金が30%も安くなるのが大きな魅力となっています。ETCカードは、休日や深夜には大幅な割引制度が適用されるので、最大で通常の利用料金の30%オフで利用できます♪


★おすすめの法人ETCコーポレートカード

高速道路を通常通りに利用する場合と比べると、ETCカードを利用することによって30%〜50%程度の割引が適用されますが、ETCコーポレートカードを使うと、使用金額に応じて10%〜20%の割引がさらに追加されるという特典が付いています♪


Copyright (C) 2017 法人ETCカードまる得取得ガイド All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます