30代になると、自動車の運転もかなり慣れてきますし、結婚して世帯を構える人が多くなり、安全意識が高くなります。そのため、自動車保険も「事故を起こす確率が低い」年代とみなされるので保険料はずっと安く抑えることができます。

 

30代だから20代と比べて保険料がグンと安くなるというディスカウントは残念ながらありませんが、自動車保険の相場を見てみると、車両保険を付けた場合でも年間の保険料は4万円〜7万円程度、車両保険を付けない場合には2万円台で保険に加入することも可能です。スポーツカータイプの自動車だと保険料は高くなる傾向にありますが、軽自動車やコンパクトなセダンなどを選べば、保険料を安く抑えることができます。

 

30代の自動車保険で気を付けたい点は、自動車保険は保険会社によって大きな差があるという点です。保険会社の中には、30代以上の中高年に良心的な保険料を提供している所もあるので、保険選びをする際には複数の保険を比較検討しながら選ぶことをおすすめします。30代と言うと、育児にお金がかかったり、マイホーム購入のための資金が必要になったり、なにかとお金がかかる時期でもあります。自動車保険も、安いだけで保険を選ぶのではなく、必要な補償は手厚くつけて、不要な補償を省くことによって保険料を安く抑える工夫をしたいものですね。

 

また、30代になると、自動車の運転歴も10年以上と言う人が多くなり、事故を起こす確率がとても低くなります。また、自動車保険に加入した時にはノンフリート等級が適用されますが、免許取得したばかりの時に加入する際には、新規契約で6等級からのスタートですが、無事故を続けていれば運転歴10年でかなり等級が上がっていて、それに伴って保険料もずいぶん安くなっているものです。30代以降の自動車保険は、自分がどれだけ安全運転をしているのかと言う点と、保険会社選びで大きな差がつくと言えるでしょう。ネットの一括見積サイトなどを上手に利用しながら、上手に保険を見つけてくださいね。

 

最大20社 最短5分 自動車保険一括見積もりサービスはこちら