自動車教習所に通学しながら免許を取る場合には、自分の開いている時間を利用しながらこまめに教習所に足を運ばなければいけませんし、教習が定員でなかなか予約が取れない場合などには、計画よりも時間がかかってしまう事も少なくありません。あまりダラダラと通いたくない人や、短期間でサッと免許を取得してしまいたい人にオススメなのが合宿免許ですが、合宿の場合には最短で13日間あれば免許を取得することが可能です。

 

自動車免許には、AT限定車の免許と、MT車も運転できる免許とがあり、必要となる教習の単元数が異なっています。そのため、合宿免許の場合にも、必要な教習時間が異なるので合宿期間も異なっていて、MT車も運転できる免許の場合には、AT車限定免許よりも合宿期間が長くなり、最短で15日となっています。免許を取った後にAT車しか運転しない予定の人なら、AT車限定のものを選べば最短13日で卒業できますが、将来は二種免許や大型免許を取得したいなと思っている人の場合には、これらの教習時間もAT車限定免許を持っているかMT車免許なのかによって異なるので、長期的なことも考えてMT免許を取得したほうが賢いと言えます。

 

合宿免許の中には、AT車限定だと合宿期間が14日になっているものもありますが、免許合宿ライブのようなサイトを活用すれば、13日で卒業できる合宿を見つけることも可能です。あまり休みが取れない人や、短期間でサクッと免許を取ってしまい人にぜひおすすめです。合宿期間が1日短縮されることによって、合宿費用も若干リーズナブルになるので、お財布にも優しいと言えそうですね。

 

ちなみに、13日間の合宿免許費用に含まれているのは、教習にかかる費用や検定に必要な費用に加え、宿泊費用や1日3回の食事などが一般的です。地方の教習所に参加する場合には、集合場所から現地までの移動にかかる交通費も全て含まれているので安心してくださいね。費用をさらに安くしたい場合には、食事が付かないプランを選んだり、一人部屋ではなく相部屋のプランを選んだり、また、各部屋に風呂やトイレがついていないプランを選ぶともっと安くできます。

 

最短13日で取れる合宿免許を探す!