合宿免許の最短日数は、合宿所によって異なるわけではありません。最短日数を決めるのは、どんな免許を取りたいのか、また現在どんな免許を持っているのかによって異なります。例えば、自動車の普通免許の場合でも、MT車の免許もあれば、AT車限定の免許もあります。

 

教習時間が長いのはMT車の免許ですから、合宿免許取得までにかかる最短期間はAT車なら14日となっていますが、MT車の場合には16日と2日間多く滞在しなければいけません。バイクの免許や大型免許、二種免許などになると、最短時間はさらに細かく分類されて、8日間で免許を取得できる場合もあれば、2週間以上かかってしまう場合などもあります。もちろん、合宿期間が異なれば、かかる費用も変わるので、プランを選ぶ際にはそうした点も良く考えながら合宿プランを選んでくださいね。

 

合宿プランを選ぶ際には、「合宿ライブ」「合宿免許プラス」「合宿免許受付センター」などの検索サイトを活用しながら見つける方法がおすすめですが、これらのサイトを活用して比較検討するのは、合宿費用だけではありません。

 

最短で卒業できれば激安のプランでも、万が一、仮免検定や卒業検定などに落ちてしまった場合には、延泊料金などがかかってしまうことも考えなければいけません。そうした部分は教習所によって取扱い方が異なりますから、万が一のことも考えながら、トータルでできるだけ激安に抑えられるようなプランを見つけると良いでしょう。

 

合宿免許を最安で見つけるなら、普通自動車の免許でも20万円以下で見つけることができます。一般的には、最安プランだと食事がつかない自炊プランだったり、個人部屋ではなく相部屋だったり、宿泊施設に大浴場などがついていて各部屋にはトイレやバスが付いていないプランだったりすることも多いですし、男性限定プランになっていることも多いようです。こまかい部分も比較しながら、納得した上で申し込むようにしましょう。

 

最短最安で取れる合宿免許を探す!