合宿免許に持っていく持ち物は、2週間程度の滞在期間の間に必要となる身の回りのものが中心となります。多くの場合には、途中で一回か二回洗濯をすることを想定して、ハンガーや洗濯ネット、洗剤などをバッグに入れますが、女性の場合には万が一生理が着てしまった時のことを考えて、念のために生理用品も詰めておいた方が安心です。

 

合宿免許で生活の場所が変わると、ホルモンバランスや自律神経がバランスを崩したりすることも多いですし、予定ではくるはずがなかった生理が早く来てしまうこともあります。教習期間中にはなかなか外に買い物に出られないことも多いので、そうした部分はしっかり自分で準備しておきたいものです。

 

合宿所では、食事はすべて準備されますし、枕やシーツなどの寝具も自分で持参する必要はありません。しかし、お風呂に入る時に必要となるシャンプーや洗顔剤など、身の回りのアイテムは持参しなければいけないので、普段使っているスキンケアのアイテムやヘアケアのアイテムなどはしっかり持参するようにしましょう。ドライヤーやヘアアイロンなどを使っている人は、そうしたものも忘れずにパッキングしたほうが安心ですね。

 

何をバッグに入れたら良いのかと言うことは、2週間の旅行に行くような感じで準備すると良いでしょう。普段から現地調達をしている人は、合宿免許では現地調達しにくいと考えて、薬なども持っていたほうが安心です。

 

女性だけに必要なものではありませんが、夜に暇になってしまうこともあるため、パソコンやタブレット、スマホなども持っていると便利なアイテムです。開いている時間を利用してお友達と観光に行く場合などには、観光ガイドブックなどもあると便利ですね。教習所内でWifiが使えるかどうかはその教習所によって異なりますから、インターネット接続しなければ遊べないようなものは、あらかじめ教習所の施設のサービスをよくチェックしながら決めたいですね。

 

合宿免許取得の詳しくはこちら