合宿免許に参加する際には、合宿期間となる2週間を快適に過ごせるように、持ち物は入念にチェックすることをおすすめします。まず、忘れると困るものが、運転免許の取得に必要な書類です。一般的には住民票とか身分を確認できる保険証、印鑑などがあれば問題ありませんが、忘れてしまうと卒業証書が発行できないこともあるので気を付けましょう。また、張り切って早く取得しすぎてしまっても、有効期間が3か月ぐらいだと合宿に参加する時には有効期限切れになっている可能性もあるので注意しましょう。

 

合宿期間中は、昼間は教習に費やすことになりますが、夜間は基本的に自由時間となります。そのため、暇を持て余さないように暇つぶしアイテムがあると便利です。パソコンやタブレット、スマホなどが一般的ですが、音楽を聞けるアイテムがあったり、雑誌や本を持ち込むのも良いでしょう。また、夜間の自由時間を利用して観光やグルメに繰り出したい人なら、観光ガイドやマップがあると便利ですね。教習所の中にはWifiが使えるところもありますが、必ず死もWifiが完備されているというわけではないので、あらかじめチェックしておきたいものです。

 

また、2週間と言う滞在期間を快適に過ごすためには、身の回りの日用品も忘れずに持参したほうが安心です。シーツやまくらなどは完備されていても、お風呂に入る時のタオルやシャンプー類などは持参しなければいけない教習所もたくさんあります。また、女性なら髪を束ねるゴムやヘアバンド、ブラシなどは忘れやすいアイテムですから、荷造りをする時にはしっかりリストを作って、忘れないようにバッグに入れたいものです。

 

自宅から離れた場所にある教習所に通う人や、暑さや寒さが厳しい季節に合宿免許を取る場合には、寒さ対策や暑さ対策も忘れずに行いましょう。基本的には冷暖房は完備されている所が多いのですが、微妙な季節だとついていないこともあるかもしれません。寒さ対策として薄手のカーデガンやスエット、ホッカイロやスリッパなどを荷物に加えたり、暑さ対策では窓を開けた時に虫が入ってくるかもしれませんから、虫よけスプレーや虫刺され用の薬なども持っていたほうが安心です。

 

合宿免許取得の詳しくはこちら