自動車は、屋外を走る乗り物です。そのため、どれだけ大切に乗っていても、細かい傷などはついてしまいます。大きな事故を起こしてボディがへこんでいたりすれば、それはもちろん査定額にもマイナスの影響を及ぼしますが、細かい傷は査定額にそれほど大きな影響を及ぼすことはないので心配いりません。中古車の価格は、そうした傷も含めてリーズナブルに設定されているものなのです。

 

それでは、どのぐらいの傷なら、満足できる効果査定が期待できるのでしょうか?まず、自動車を洗車して、ボディの傷をチェックしてみてください。明らかに傷がついていると分かるような目立つ傷は、査定にマイナスになってしまいます。わずかな凹みなどは、査定にプラスになることはありませんが、思っているほど大きなマイナス要因になることは少ないようです。事故を起こした後の修理歴などは、見た目の外装が新車同様でも、経験豊かな査定マンがチェックすればすぐにわかります。見た目の傷よりも、事故歴があることによって査定額がマイナスになってしまうことは否めないようです。

 

中古車の買取査定を依頼する前に、目立つ傷は治したほうが良いのでしょうか? きっと、愛車を手放そうと考えたことがある人なら、修理をして高額査定を狙うか、そのままの状態で査定をしてもらうのか、悩んだことがある人も多いはず。これは、ケースバイケースです。つまり、傷を治すために修理するということは、そこに費用がかかるということですから、かけた費用以上に査定価格がアップしなければ、元が取れないということになります。お金をかけずにさっと修理できる程度の傷なら直すのもアリですが、そうでない場合には、そのままの状態で査定してもらうという方法でも、問題ありません。

 

車の傷を少しでも目立たなくしようとして、査定前に思い切り洗車したりワックスをかける人がいますが、これは考え物です。もちろん、ドロドロの車を査定してもらっても、細かい傷がチェックできないので高額査定は期待できませんが、傷を隠すために汚れた車をそのまま査定してもらっても、高価査定は難しいでしょう。直前に洗車する必要はありませんが、汚れているなと感じたら、最低限でも洗車してから査定を受けるようにしましょう。

 



中古車査定前の傷の修理について

中古車査定を受ける際には、自動車の状態は新品に近い状態の方が、もちろん高値査定がつきやすいものです。しかし、自動車は乗っていれば少しずつかすり傷みたいなものがついてしまいますし、少しぶつけてボディが凹んでいるけれど、運転には支障がないから修理せずにそのまま乗っているという人もたくさんいますよね。中古車の査定前に傷をどこまで修理するかという点は、多くの人が悩むポイントではないでしょうか。

 

査定前に傷を修理するかどうか決める際には、修理したことでどこまで査定額がアップするのかという点を考慮しなければいけません。もし数十万円という大金をかけて修理しても、査定額が数万円程度しか上がらないのでは、傷があっても現状で査定を受けたほうが実質的には高く買取ってもらえるということになりかねませんよね。もしも今すぐに中古車を手放さなければいけないというのでなければ、査定業者に相談して、傷を治すことで一般的にはどのぐらいの査定額アップが期待できるのかという点を質問するのも良いでしょう。ケースバイケースなので、必ずしも査定額がいくら高くなるという約束はしてもらうことはできませんが、経験豊かな査定マンなら、修理したほうがお得ですという時には教えてくれますし、修理することはおすすめしてませんという査定マンもいるでしょう。

 

傷を修理するにはかなりの費用が掛かってしまいますが、修理しなくても査定額をアップする方法は他にもあります。それは、車内をピカピカに掃除した上で査定してもらうという方法ですね。外装はしっかり洗車をしてきれいにしておくこと、そして車内はごみをすべて捨てて掃除機をかけたり、ほこりなどはしっかりふき取ってできるだけきれいな状態にしておくことで、高値査定が期待できますよ。また、普段からオイル交換などは頻繁におこない、その整備記録などを保管しておけば、車を大切にしていたという心象が良くなるので、査定価格にもプラスになります。