中古車を手放す際には、いくつかの書類が必要となります。必要な書類がそろっていなければ買い取ってもらいたくても実践することはできませんし、万が一書類をなくしてしまった場合には、役所から再発行してもらう必要があります。買取査定を受ける際に、そうした書類は提示するように依頼されることが多いのですが、できるだけ査定前に必要な書類はそろえておきたいものです。

 

まず、必ず必要になるのが車検証です。車検切れになっていたり、もうすぐ切れそうという場合にはマイナス査定になる可能性が高いので注意しましょう。また、業者によっては車検が切れていると買取りを拒否されることもありますから、手放すなら出来るだけ車検が有効なうちに手放す方が高価買取りへとつながります。

 

納税証明書も大切な書類です。毎年春になると収める納税証明書は、小さなはがきサイズの書類なので、うっかり亡くしてしまう人は少なくありません。なくした場合には管轄の税務署で再発行してもらうことがありますから、普段からできるだけなくさないように車検証と一緒に保管しておきましょう。また、合わせてリサイクル券や自賠責保険などの書類も、利用者がきちんと準備しておかなければいけません。持っていないでは買取り自体を拒否されることもありますし、買取査定ではかなりの価格ダウンになってしまうので気を付けましょう。

 

印鑑証明書や実印も必要となります。実印を業者に預ける必要はもちろんありませんが、買取りに関する手続きを全て業者に一任する場合には、実印を押した委任状と印鑑証明書などが必要です。委任状は業者が準備してくれますが、印鑑証明書と登録している実印は、あらかじめ準備しておきましょう。

 

これらの書類は、これまでに自動車の売買を行ったことがある人なら、馴染みのある書類ばかりです。自動車のダッシュボードの中で管理している人も多いですね。買取を考えている人は、まずは書類チェックしてみてください!