新車の場合には、ボディに傷などはありませんし、車種や色などで販売価格が異なるということは少ないものです。しかし中古車の場合には、一台一台が異なる状態ですし、ボディの傷や走行距離なども異なります。そのため、中古車査定は杓子定規で簡単に買取価格をつけることがとても難しいのです。査定業者によって買取価格は異なりますし、それぞれの業者ごとに力を入れている車種なども異なるので、少しでも高価買取りを目指す人は、複数の業者から査定見積もりを取り寄せることをおすすめします。

 

高値査定してもらうコツは、いくつかあります。まず、必要な書類を全てそろえることが基本です。車検証や自賠責保険などの書類だけではなく、これまでの整備記録やメンテナンスの記録などもできるだけ保管しておき、中古車査定の際に提出しましょう。整備記録があることによって、その車がどんな風に乗られていたのかを査定マンは予測できますから、高額査定につながります。

 

ボディに細かい傷があったりすると、簡単に直してから査定してもらったほうが高値買取りにつながるのでは?と考える人は少なくありません。コストをかけずに修理できる部分なら、もちろんそれがおすすめです。しかし、事故を起こしてしまってボディがへこんでいたりするような場合には、修理するにも費用がかかってしまいます。

 

かける費用とアップする買取価格のバランスを考えると、修理せずにそのままの状態で買い取ってもらったほうが高値買取りになることも少なくありません。ただし、事故歴がある場合には、正直に申告したほうが査定マンの心象が良くなりますから、査定額にも影響するといえます。嘘をついても経験豊かな査定マンなら、事故歴があることは車を見ればすぐにわかります。申告は正直が高価買取りへの最短コースなのです。また、自動車を改造したりカスタマイズする際には、できるだけ純正パーツもキープしたほうが、高額買取りにつながります。

 

複数業者一括無料査定依頼はこちら