中古車の買い取りを考えている人の中には、今すぐに手放すことが最優先と言う人もいれば、時期を選んで少しでも高価買取りが可能な時期に手放したいという人もいるでしょう。バイクの場合には、買取価格が最も高額になるのは、寒くなってバイクに乗る人が減少する冬の前になっていますが、中古車の場合には季節に関係なく自動車に乗る人の数はあまり変わらないため、寒くなる前だから買取価格がアップするというわけではありません。

 

中古車の買い取り価格は、中古車の販売数と大きな関係があります。例えば、新社会人が多く生まれる4月には、ライフスタイルが変わることによって中古車の販売数がアップします。この時期にタイミングを合わせて愛車を手放したいなら、4月の少し前、つまり1月の下旬ぐらいから3月の上旬にかけたぐらいの時期がおすすめです。

 

中古車のニーズが高まるこの時期には、買取り査定も高価買取りしてもらいやすくなるのです。同じような理由で、中古車の販売台数がアップするゴールデンウィーク前や夏休み前などにも、車の買取価格はアップしやすくなります。連休や長期休みの前には、家族や恋人と休暇を楽しむために車を購入したいという人が増えるので、時期を選んで高額買取りを目指すなら、こうした時期を狙って買取査定を依頼するのがおすすめです。

 

また、自動車は、モデルチェンジする前の最新モデルの方が高価買取りが可能です。モデルチェンジするという情報はネットでもチェックできますから、手放そうかなと考えている時期をモデルチェンジ前に設定することで、高値買取りも望めます。

 

ただし、時期を選んでいても買取価格がアップするどころか、逆にダウンする可能性がある場合もあります。例えば、車検がいつ切れるかによっては、買取価格がガクンと下がってしまうことがあります。車検を通してから手放すこともできますが、それでは車検費用が自己負担となってしまうので、あまり賢い策ではありません。車検が切れるギリギリまで待つと買取価格に大きく影響してしまうので、そうした点も考えながら手放す時期を検討したいものです。

 

複数業者一括無料査定依頼はこちら

中古車買取の最適時期はいつ?

中古車の買い取りは、時期によって高値が付きやすい時とつきにくい時があることはご存知ですか?これは中古車の買取ということだけではなく、中古車市場全体のトレンドによるものなのですが、中古車のニーズが高まる時期だと、中古車の買い取り価格も高値が付きやすくなります。一方、中古車を買う人があまりいない時期になってしまうと、ニーズが低くなるので買取価格も高値が付きにくくなります。

 

それでは、どんな時期が買い取りに最適なのでしょうか?最も高値が付きやすいのは、新生活を始める人が多い4月及びその前後の時期ですね。この時期には、学生が1人暮らしを始める時期だったり、就職して社会人になる時期だったり、また異動や転勤などで引っ越しが多くなる時期です。この時期には、ライフスタイルが変わることによって中古車のニーズが高まるため、中古車査定額も高値が付きやすくなります。ゴールデンウィークや夏休みなど、長期の休みが取れる時期にも中古車のニーズが高まるため、買取価格は高値が付きやすくなります。

 

それでは、買取査定で高値が付きにくいのは、どんな時期なのでしょうか?それは、人があまり移動しない時期ですね。例えば6月ぐらいだとあまりライフスタイルが変わる人は少ないので、買取査定は繁忙期ほど高値買取を期待することは難しいでしょうし、10月とか11月ぐらいにもまた、移動が少なくなる時期に入るため、高値買取が難しくなってしまいます。

 

しかし、住む場所によってはこうした時期でも特定の車種なら買取価格がアップすることはもちろんあります。例えば、冬になると雪が降る地域では、SUVなど4輪駆動の中古車が人気で、雪が降る前に買い替えるという人が多くなります。そのため、もしも東北地方や北陸地方、北海道などにも流通ネットワークを持っている中古車買取業者なら、SUVの買取査定額は冬の前に高くなる傾向にあると言えるでしょう。また、車はモデルチェンジをすると旧モデルの買取査定はガクンと低くなってしまいます。買取を希望するなら、モデルチェンジ前がおすすめですね。