中古車の買取を行う業者は、大手の業者から個人経営の小さな業者までたくさんあります。どちらに売った方が高価買取りができるのか、それを知ってから愛車を手放したいという場合には、どちらからも買取査定を受けることをおすすめします。大手だから必ず高価買取りが可能と言うわけではありませんし、個人経営の業者でも、場合によっては意外と高値での買取が可能な場合もあるのです。

 

大手の業者にはガリバーやアップル、ラビット、カーセブンなどたくさんの業者があり、全国的に店舗展開している業者も少なくありません。大手の業者の場合、全国どこに住んでいても買取り査定で自宅まで出張してくれる業者が多いですし、知名度や安心感と言う点では、大きなプラス要素となります。

 

また、中古車は人気車種ほど高値買取りが可能ですが、地域によって人気のある車種は異なります。そのため、自分が住んでいる地域で人気がそれほどない車種でも、他の地域で爆発的な人気を誇る車種なら、高額買取りも十分に可能になります。

 

特定の地域にだけネットワークを持つ業者の場合には、そうした全国の中古車の販売蛍光などは把握していないことが多く、住んでいる地域で人気のない車種だと買取査定もあまり期待できませんが、全国規模で展開されている業者なら、思ったよりも高く買ってもらえる、なんてことも十分に可能です。査定見積もりを取る際には、全国展開されている業者からも忘れずに買取査定してもらうようにしましょう。

 

中古車の買取査定を大手に任せる場合には、受けられるサービスの幅が広い事もメリットといえます。例えば、大手業者の中には海外にもネットワークを持つ業者なども多く、外車やレア車の買取も積極的に行っていることもあります。また、廃車や不動車についても、パーツごとに分解して中古販売することを前提に高価買取りが可能だったり、整備して海外へ販売できるなど、ネットワークが大きいために可能となるサービスも充実しています。

 



大手中古車買取業者への査定依頼メリットとは

中古車の査定を行っている業者は、全国にたくさんあります。全国チェーンを展開しているような大手の中古車買い取り業者もあれば、中小規模の業者もありますよね。どちらも中古車を買い取ってくれるという点は共通していても、査定額では大きな差がつくことが多いようです。

 

大手の中古車買い取り業者は、他にも店舗を展開していたり、流通ネットワークを国内外に持っているなど、買い取った中古車の流通方法について、幅広い選択肢があります。そのため、中古車として販売できる場合には、中古車としての買取査定を行いますし、中古車としてのニーズがなくてもパーツに価値があれば、パーツに対して買取査定をつけてくれるので、中小業者では買取拒否されてしまうような中古車でも、査定額を0円以上つけてくれることが多いものです。そのため、一つの買取査定業者から買取拒否された中古車でも、ガリバーのような大手業者では買い取ってくれるということはあるので、あきらめずに複数の業者から査定を取る事が必要なのですね。

 

ガリバーは中古車の買い取り業者の中でも業界最大手と言われていて、全国になんと店舗を520店舗以上も展開しています。しかも、流通ネットワークは国内だけではなく海外にも幅広く持っていますし、中古車のオークションなどにも精通しています。そのため、こうしたネットワークを持たない買取業者と比べると、高値での買取が可能なのです。

 

大手業者には他にもメリットがあります。それは、店舗がたくさん展開されているため、どこに住んでいても出張査定に対応してもらいやすいという点ですね。業者が遠方にあると、住んでいるエリアによっては出張査定は対象外になってしまうことがありますが、ガリバーのような大手はどこに住んでいても自宅や職場まで出張査定に来てくれます。忙しい人にとっては、大きなメリットと言えるでしょう。ネットで一括査定依頼をした時にも見つけやすいという点もまた、メリットの一つですね。

 

中古車買取実績10年連続No.1ガリバーの詳しくはこちら