中古車を買取りする業者は、それぞれ車種や年式、走行距離など車の基本的な情報に基づいて、大体の買取価格の目安が決まっています。もちろん、実際の査定額は車の傷や状態などを見ながら計算するので、メールだけではっきりとした買取額を提示することは無理ですが、基本的な情報だけでも「この車種でこの年式なら5万円〜30万円ぐらい」と大まかな枠組みが決まっているものです。

 

中古車の査定をメールで依頼する場合には、自動車の基本的な情報に基づいて決められている大まかな査定額を知ることになります。ネットの一括サイトなどを利用して査定を依頼する場合にも、業者ごとに「状態が良ければ20万円ぐらいで買取り可能です」と言われたりしますが、これはその車種や年式、モデル、色などで最高買取価格が20万円ぐらい、ということ。実際に車を見て、傷があったり純正パーツがついていなかったりすると、査定価格はマイナスになってしまうこともあるので気を付けましょう。

 

買取査定を受ける際には、いくつかの注意点があります。同じ車でも、手放す時期によっては高価買取りしてもらえることもありますし、全国展開されている大規模な業社なのか、ローカルな業社なのかによっても高値買取りできるかどうかは異なるものです。また、車検が切れていたり、もうすぐ切れそうだという場合には、車検の残存期間によっても買取価格は異なるので、もう乗らない車なら、時期を待とうとモタモタせずに、さっと手放したほうがお得と言うことも少なくありません。

 

ネットで査定を受けると、次のステップは実際の買取査定と言うことになります。業者の側からスケジュールを決める連絡をくれることが多いので、実際の査定を受け、価格に満足できるならサッと手放したいものです。査定額には有効期限がついているので、その期間内ならほとんど査定額に変更なく手放すことができます。もちろん、とりあえず査定額だけを知りたいけれど、実際に手放すのは数か月後と言う場合にも、ネットで査定依頼をして問題ありません。

 

個人情報保護型の安心一括査定サービスはこちら