合宿免許と言っても、通学して免許を取得する場合と比べて教習時間が少なくなってしまうというわけではありません。通学する場合には、自分の都合に合わせて学科クラスを習得したり、技能クラスを習得して運転技術を身につけることになりますが、混雑具合によっては一日に何度もクラスを取得することが難しい場合などもあるため、どうしても期間は長くかかりがちです。一方、合宿の場合には、あらかじめ短期集中型でクラスを取得することができるようにデザインされているので、2週間と言う短期間でも運転免許を取得できるのです。

 

仮免と言うのは、一般道路を運転するために必要なもので、合宿免許の場合には、合宿期間2週間のうち、最初の1週間は教習所の中を運転して基本的な操作などを学び、1週間後に仮免取得のための試験が行われます。仮免を取得できれば、後半の1週間は一般道路や高速道路に出て技能クラスの練習をすることができます。もしも仮免の試験に不合格だった場合には、一般道路に出ることができませんから、再度仮免試験にチャレンジして、合格できるようにトライすることになります。

 

仮免は、通常の運転免許ではありませんから、仮免を取得してもそれが自動車普通免許になるわけではありません。仮免を持って一般道路を運転する際には、教習所では起こることがないことが起こる可能性もあり、運転は緊張しますし気を使うものです。例えば自転車が飛び出して来たり、道路が混雑していてなかなか前に進まなかったり、また道が狭くて走りにくいということもあるでしょう。教習所の自動車の場合、隣に座っている教官の側にもブレーキがついていて、万が一危険な場合には教官がブレーキを踏んで車を止めることができます。ですから安心して運転の練習をしてくださいね。

 

ただし、仮免期間を終えて卒業試験を受ける場合には、技能試験中に教官が一度でもブレーキを踏むと、その時点で試験は終了、不合格となっていまうので気を付けましょう。期間が限られている合宿免許では、試験に落ちると合宿期間内に免許取得できなくなってしまうリスクがありますから、そうした点も良くチェックしながら合宿先を選びたいものです。

 

合宿免許取得の詳しくはこちら