自動車免許を取得する方法は2通りあります。教習所に通学する方法と、合宿と言う形で短期間に取得する方法です。通学する方法は、自分の都合に合わせて通うことができるというメリットがありますが、忙しい人にとっては、なかなか単位が取得できないというデメリットもあります。

 

また、繁茂期などは予約が取りづらかったりするので、仕事や学校を調整しなければいけないこともあります。一方、合宿免許は、短期間に集中して免許取得に向けての単位を取れるので、春休みや夏休みなど、まとまったお休みがある人にとってはとても便利で効率的な免許取得の方法です。全国各地に合宿コースで免許取得できる自動車教習所はたくさんありますが、多くの場合には合宿期間は2週間と設定されています。

 

この期間中、自動車教習所に通学する時と同じだけの学科と実技の授業を取得するわけですから、合宿免許だからと言って習わなかったことがあったりとか、運転の練習時間が少ないなんてことはありません。安心してくださいね。

 

2週間と言う短い期間で、どのように免許取得に向けてコース習得するのでしょうか。まず、合宿所に行った初日には、手続きや説明、適性検査などを受けた後に、学科の授業を受けることになります。そして、最初の1週間は学科試験を受けながら教習所内で実技の単位も取得することになります。合宿期間のちょうど半分となる7日目には、終了検定が行われ、それに合格すると仮免を取得できます。

 

後半の1週間は、学科コースと路上での練習を行います。そして、合宿の最終日に終了検定が行われ、合格すると卒業証書を受け取るのが、合宿免許のシステムです。この卒業証書は、自動車教習所に通学して終了検定に合格した際に受け取る卒業証書と同じもので、1年間有効期間がありますから、それを持って自宅の管轄内の運転免許センターに足を運んで運転免許を取得することになります。かかる費用も通学する場合とあまり変わらないことも多いので、まとまった期間、合宿に行ける人なら効率的に免許を取得するのも良いかもしれませんね。

 

合宿免許取得の詳しくはこちら