事故を起こすことによって、自動車は多かれ少なかれダメージを受けます。目に見えないダメージでも後から内部に不調が出てきたりすることもあるため、事故を起こした中古車は、事故車と言う扱いになり、査定額がガクンと低くなってしまいます。実際にどのぐらい下がるのか、気になりますよね?

 

事故車と無事故車とで、どのぐらいの査定額の差があるのかは、ケースバイケースです。事故の状況やどのぐらいの破損状況だったのかによって、車が受けたダメージの具合も異なりますし、修理をしたのかどうかによっても査定額は左右されます。また、中古車の買取価格は事故歴の有無だけによって決まるものではなく、車種や年式、走行距離、事故歴以外の細かい傷などたくさんの要素によって決められているのです。そのため、事故車ならマイナス数万円、と言うようにはっきり線引きすることはできません。

 

過去に事故を起こしたことがある中古車を手放したいという場合には、中古車査定を受けても事故車査定を受けてもどちらでも問題ありません。ただし、事故歴があることはネットで一括査定依頼をする際に内緒にしていても、実際に査定マンが車を査定すればすぐにわかることですから、最初から正直に申告したほうが、迅速で高値買取りしてもらいやすくなります。

 

事故を起こしてしまい、修理するのに費用がかかるからこのままの状態で手放したいという場合には、事故車買取を利用するのがおすすめです。事故車買取を行う業者はたくさんありますし、場合によっては車が動かなくなった場所で査定を行い、レッカー移動して引き取ってくれる費用も無料と言う業者などもあるので、とても便利です。

 

もちろん、事故車でもより高値買取りしてくれる業者を探して、複数の業者から査定を受けてから決めたいという場合には、事故車買取の一括査定サイトを利用して複数の業者へ査定依頼をすることも可能です。事故車だからと言ってすぐに廃車と決めるのではなく、まずは買取査定を受けてから検討してみてはいかがでしょうか。

 

事故車買取 複数業者一括査定サイトはこちら