事故を起こしてしまった車は、修理をして再び乗るという選択もできますし、廃車にして別の車を購入するという選択をする人もいるでしょう。しかし、事故を起こして原型をとどめていないからすぐ廃車、と言うのでは、もしかしたら損をしているかもしれません。事故車でも場合によっては買い取ってくれる業者もたくさんありますし、高値がつく場合だってあるのです。

 

中古車の買取では、中古車買い取り・事故車買取・不動車買取など、いろいろなカテゴリーに分類することができます。このうち、事故車買取と言うのは、事故を起こしたばかりで修理していない状態にある車だけでなく、バンパーをぶつけたりしてエンジンルームに衝撃が加わる事故を起こした車の場合にも、事故車と言う扱いになります。

 

また、事故が原因で自走できなくなってしまった場合にも、事故車と言う扱いになります。「こんな状態で買い取ってくれる業社なんてあるわけない」と思っていても、買取業者は独自に販売ルートや流通ネットワークを持っていることが多いので、状態や年式、走行距離によっては修理をして中古車として販売することもあれば、分解してパーツごとに中古パーツとして販売することもあり、ニーズは思っている以上に多いのです。

 

事故車の買取を行う業者を探す方法は、ネットを使って一括査定サイトなどを調べると見つかりやすくなります。一括査定サイトはネット上にたくさんありますし、それぞれ登録している業者が異なるので、1つの一括査定で出された査定額に満足できない場合には、他の査定サイトを使って別の業者を探してみるのも良い方法です。

 

事故車は、状態によって買取が可能な場合もあれば難しい場合もあるので、あらかじめ理解しておきましょう。どんな事故を起こしたのかが基準になるわけではなく、内部のパーツが再利用できるかどうかによって、高価買取りが可能かどうかが決まります。事故車と言っても修理すれば十分に乗れる場合には、中古車として買取り、修理をして中古車販売することもありますが、内部のパーツも再利用できないような場合になると、廃車買取と言うことになり、業者によっては引き取り料や廃車にかかる手数料がかかってしまう場合もあるようです。

 

事故車買取 複数業者一括査定サイトはこちら