自動車は、事故歴があるかないかによって査定額に大きな差がつきます。事故と言ってもピンキリですが、バンパーをぶつけるなど、衝撃を受けたことでエンジンルームや足回りに微妙なダメージを受けてしまうことによって、目には見えない不調が現れてしまいます。それが、事故車の査定額が下がってしまう理由です。

 

愛車を手放す際には買取業者へ依頼しようと考えている人は多いと思いますが、事故を起こしてしまった車をそのままの状態で手放したほうがお得なのか、それとも修理して中古車買い取りを依頼したほうがお得なのか、迷ってしまいます。買取価格と言う点では、修理をしたほうが少しは高額買取りしてもらえる可能性は高くなりますが、修理をする際に費用がかかってしまうため、修理することによってどのぐらい買取価格がアップするのかによって、修理するべきかどうかは異なります。

 

事故を起こしていない車と比べて事故を起こした車の査定価格が低い事は誰もが知っていますが、この差額は「格落ち損」「評価損」などと呼ばれています。事故の後に修理することによって、この格落ち損を取り戻せるかどうかはかなり難しく、買取業者のほとんどは、修理しないままの状態で手放すことを勧めているようです。

 

その理由は、修理をして外見を良くしても、事故による内部の衝撃や目に見えないダメージや不調を修理したり予測することは難しいですし、その車を購入する人にとっては、修理をしていてもしていなくても「事故車」であることに変わりなく、縁起が悪いと言って敬遠されることが多いからです。

 

具体的にどのような事故なら格落ち損が小さくて、どのような事故は格落ち損が大きいのかはケースバイケースですが、一度事故を起こしたことがある中古車は、一括査定サイトで見積もりを出してもらえる査定額よりも低い買取価格になることを念頭に入れておいた方が良いでしょう。中古車として買いとってもらうのか、廃車買取するのかは、買取業者に相談しながら決めてくださいね。

 

事故車買取 複数業者一括査定サイトはこちら