自動車保険に加入すると、ノンフリート等級にランク付けされます。これはどういうものかと言うと、無事故期間が1年続くと、翌年の保険更新時には保険料がディスカウントされて少しお安くなるというお得な特典です。保険会社によって保険料は異なりますが、それぞれノンフリート等級は適用しているので、保険を乗り換えてもノンフリート等級もそのまま引き継ぐことができます。ずっと無事故で保険を使っていない人にとっては、等級もそのまま継続できるなら保険も見直してさらに安くしたくなるのではないでしょうか。

 

自動車保険の等級は、最も低い(=保険料が高い)1級から、最も高い(=保険料が安い)20等級まであります。初めて保険に加入する場合には1級からのスタートではなく、6級からのスタートになります。初年度に無事故なら翌年は7等級になるので保険料が安くなりますし、初年度に事故を起こしてしまった場合には、翌年は5等級にランクダウンしてしまうので、保険料も高くなってしまいます。

 

この自動車保険の等級は、保険を乗り換えてもずっと継続しているうちは等級も非木津ぐことができます。しかし、保険が一度切れてしまうと、等級も継続できなくなってしまうので注意しましょう。うっかり保険の更新を忘れてしまって有効期間が切れてしまうと、等級も振出の6級に戻ってしまいますから、もったいないですね。

 

また、同じ等級でも、無事故の人に適用される保険料と、事故歴がある人に適用される保険料とでは異なります。同じ10等級でも、無事故で10等級になった人と、事故を起こして10等級になった人とでは、保険料が異なるのです。一度事故を起こすと、その履歴がクリアになるには3年かかりますから、事故を起こして13等級から10等級までランクダウンしてしまった人は、3年間事故を起こさずにいれば毎年1等級ずつランクアップしていき、3年後には無事故の13等級の保険料が適用されます。

 

ノンフリート等級は、1つの自動車保険に対してのみ有効です。そのため、同じドライバーが2台目を購入したり、自動車を買い替える際には、ノンフリート等級は振出しに戻って6等級からのスタートになります。

 

最大20社 最短5分 自動車保険一括見積もりサービスはこちら