自動車保険が高いな、見直したら安くなるかな、と考えている方は多いはず。自動車保険を見直して、現在加入しているものよりも手厚い保障でリーズナブルになる場合には、自動車保険を乗り換えることができます。乗り換えにはいくつかの書類が必要になり、書類がそろっていないと乗り換えることができないので、あらかじめ揃えておきましょう。車を買い替えて、その車に自動車保険をつける場合には、納車日までに保険が有効になっていないと納車できなかったり、すぐに乗ることができなかったりするので、自動車保険はサッと探してサッと決めるのがポイントです。

 

自動車保険の乗り換えには、車検証、運転免許証、そして現在加入中の保険証券の3つの書類が必要になります。保険証券は、満期が来て切れているとネットでの一括見積ができないので、できるだけ有効期間中にネットの一括査定などを利用して次の保険を探したほうが便利です。この3つの書類は、保険を乗り換える場合だけでなく、新しく自動車保険に加入する時にも必要になりますし、保険証書は自動車保険を更新する際にも必要になることがありますから、なくさないように必ず保管しておくようにしましょう。

 

自動車保険の乗り換えですが、通常の場合には保険の満期が近づいたら見直しをする人が多いようです。しかし、セールス文句に乗せられて加入したけれど、サービスもイマイチ、保険料は高い、と不満を抱えている場合や、もっと安い保険があるなら今すぐにでも乗り換えたいという場合もあるはず。そんな時には、自動車保険の契約期間中でも乗り換えることは可能です。ただし、引継ぎのタイミングなどによっては保健機関通算特則が適用されずに、保険の等級で損をしてしまう可能性がありますから、注意が必要です。まだ保険の期間がたくさん残っていて、できるだけ損をせずに乗り換えたい場合には、一括見積サイトで保険を比較した後に、担当してくれる人に相談してみるのも良いでしょう。

 

最大20社 最短5分 自動車保険一括見積もりサービスはこちら