輸入車を愛車としている人は、手放す際の買取査定では、できるだけ高値買取りをしてくれる業者を探す際に国産車に載っている人よりも少しだけ苦労するかもしれません。それは、輸入車の買取を行う業者の数が少ないだけでなく、輸入車はニーズがとても偏っているため、査定価格がつけにくいためです。国産車よりも購入価格が高いだけでなく、メンテナンスの面でもコストがかかってしまう輸入車なのに、買取価格は国産車よりもずっと低くなってしまうことも多いのです。

 

そんな輸入車を高値買取りしていると評判なのが、ガレージカレントです。ベンツやBMWなど比較的台数が多い輸入車だけでなく、ロールスロイスなど販売台数が少ない車種でも積極的に購入してくれる買取業者として人気があります。ガレージカレントでは、独自の修理工場を持っているので、どんな輸入車でも買い取った後にはしっかり整備して中古車として販売したり、オークションに出すことも可能。それが、高価買取りを可能にしている秘訣と言えるでしょう。また、この業者ではローンが残っている車でも買い取ってくれるのが魅力です。ローンがまだまだ残っているけれど手放したいという人には、おすすめの買取業者といえます。

 

全国チェーンを持つ「ガリバー」でも、輸入車の買取を積極的に行っています。車の買取においては業界最大手と言われるガリバーならではの独自ネットワークや販売・流通網を持っているので、車種を問わずに高額買取りをしてくれるのがガリバーの魅力と言えるでしょう。

 

買いとりから入金までにかかる期間も1週間程度と短いので、今すぐに現金が必要だという人にもオススメです。輸入車は、購入価格が高額なのでローンが残っている場合も多いですが、ガリバーへ売却する場合には、買取価格からローンの残額を差し引いた金額が、実際に受け取れる金額となります。買取価格よりもローンの残額の方が大きい場合には、その都度相談に乗ってくれるので、該当する人はぜひ相談してみてくださいね。

輸入車買取業者の評判と口コミ

輸入車の買取業者は、国産車の買取を行う業者よりも少ないため、どこに買い取ってもらうかを探す際には、手間と時間がかかってしまうかもしれません。一般的に、輸入車を手放す際には相場よりもかなり低めの査定しかつかないことが多いと言われていますが、業者を選べば決してそんなことはありませんよね。実際にどの業者が高額な買取査定をつけてくれるのかを知るためには、すでにそこで査定を受けた人たちの評判や口コミを参考にする方法がおすすめです。

 

輸入車の買取業者を比較する際には、いくつかのポイントを押さえておきましょう。まず1つ目は、査定マンの対応です。多くの場合、買取査定を受けると、査定マンがその場で買取価格を計算してくれます。その金額が気に入ればその場で契約しても良いですが、もう少し考えたい時や、他の業者からも査定を受けたい時などには、即答する必要はありません。しかし、査定マンにとっては契約をとりたいわけですから、契約するまではしつこく粘ってなかなか帰ってくれないことがあります。こうしたしつこい買取業者は、買取価格面ではあまり高額査定ではないことが多いため、できれば事前に知って避けたいですね。だって、高額査定をしている業者なら、査定マンがしつこく粘らなくても、利用者の方から連絡して買取を希望するはずなのです。

 

2つ目の比較ポイントは、流通ネットワークです。業者ごとに抱えている流通ネットワークは異なっていて、これは買取査定の場合には大きく影響します。輸入車と一口に言っても、日本国内で人気がある車種もあれば、日本ではあまり知られていないけれど特定の国に行くと爆発的な人気を誇る車種などもあるわけです。買取業者は、国内だけではなく世界中に広い流通ネットワークを持っていると、どんな車種でもどこに流通させれば高値がつくかが分かるので、高値査定をしやすくなります。一方、国内にしか流通網を持たない業者の場合には、国内で人気のない車種や、中古車として販売しにくい状態の車などは、かなり安く叩かれてしまうことが多いですね。気を付けたいものです。