輸入車は、国産車と比べると新車での購入価格も高いのに、車を受け取って路上に出た時点で査定額が半額になってしまう、なんて話もよく耳にします。そのため、輸入車を中古車として手放す際には、どの方法で手放すのが最もお得なのかを知っておくことで、損をする確率を最小限に抑えることができます。

 

まず、輸入車は国産車と比べてニーズが少なく、取り扱っているディーラーも少ないものです。また、路上を走る車も圧倒的に多いのは国産車なので、国内の輸入車の絶対数そのものが少ないということになります。そのため、買取業者によっては輸入車を買い取ること自体がリスクを負うという点で、査定額が低めになってしまうことが多いのです。場合によっては、業者が買い取ってもまったく売り手が見つからず、何年も在庫として残ってしまうということがあるのも輸入車のリスクなのです。

 

また、輸入車を買い取る業者は、買いとった後の流通ルートを独自に持っていることが多く、ディーラーでも買い取った中古車は、国産車なら中古販売するけれど輸入車はオークションに流すと決まっている場合も少なくありません。そのため、同じような年式や走行距離でも、輸入車と言うだけで査定価格が低くなってしまうことが多くなります。下取り価格も買取価格もあまり大きな差がつかないというのが、輸入車を手放す際に多くの人が実感するデメリットと言えるでしょう。

 

それでは、輸入車の下取りを考えている時には、どのようにして手放すのが最もお得なのでしょうか? それは、一括査定サイトを活用して、複数の買取業者から査定を受けるという方法です。複数の業者から査定を受けることによって、少しでも高値で買い取ってくれる業者を見つけることができます。特に、輸入車を積極的に買い取っている業者や、海外へ輸出販売を手掛けている業者などは、輸入車でも意外なほど高価買取りをしている所もあるので、ぜひチェックしてください。

 

輸入車の一括査定はこちら