輸入車の買取査定は、思っているほど高値がつかないことが多いものです。新車と中古車とでは、走行距離に関わらず査定額には大きな差がありますが、輸入車の場合には、新車で購入しても、路上に出た瞬間に査定額が半額まで落ちてしまうというのが一般的です。そのため、国産車のように、状態を良く維持しながら数年間乗った後、高額買取りを希望しようとしても、輸入車の場合には国産車ほど高値買取りが難しいケースが多いのです。

 

輸入車を手放す際には、必ず複数の買取業者から査定を受けることをおすすめします。業者ごとに、力を入れている車種が異なりますし、輸入車でも独自の販売ルートがあれば高額買取りは十分に可能なものです。もともとの価格が高額な場合が多い輸入車なので、業者によって買取価格の相場は数十万円と言う単位で差が出てしまうこともあります。一社だけで決めるのではなく、必ず複数の業者から査定を受けることが必要です。

 

買取相場は、同じ車種でも年式や走行距離、色などによって大きく異なります。人気がある車種や色、ニーズの高い車なら買取相場も高くなりやすいですが、ニッチなターゲットとなる車種の場合には、業者にとっては在庫として残ってしまうリスクが高いため、買取価格はどうしても低くなってしまいます。

 

例えば、ベンツやBMWは日本でも販売台数が比較的多い車種で、買取価格もそれなりに高額査定が期待できます。一方、ロールスロイスなどは販売台数自体がとても少ないレアな車種となるため、買取相場すら存在しないことも少なくありません。そういうレアな車種の場合には、買取査定を依頼しても驚くほど低い価格になってしまったり、自分でオークションに出したほうが高く売れるのではないかと思うほど査定額が上がらないことも多いようですね。輸入車をこれから購入しようと思っていて、最終的には乗り換える際に買取りで手放したいと考えている人は、車種選びでもできるだけ販売台数が多い車種を選んだほうが良いかもしれません。

 

輸入車専門買取り査定サイトはこちらから