輸入車の買取査定は、思っているほど高値がつかないことが多いものです。新車と中古車とでは、走行距離に関わらず査定額には大きな差がありますが、輸入車の場合には、新車で購入しても、路上に出た瞬間に査定額が半額まで落ちてしまうというのが一般的です。そのため、国産車のように、状態を良く維持しながら数年間乗った後、高額買取りを希望しようとしても、輸入車の場合には国産車ほど高値買取りが難しいケースが多いのです。

 

輸入車を手放す際には、必ず複数の買取業者から査定を受けることをおすすめします。業者ごとに、力を入れている車種が異なりますし、輸入車でも独自の販売ルートがあれば高額買取りは十分に可能なものです。もともとの価格が高額な場合が多い輸入車なので、業者によって買取価格の相場は数十万円と言う単位で差が出てしまうこともあります。一社だけで決めるのではなく、必ず複数の業者から査定を受けることが必要です。

 

買取相場は、同じ車種でも年式や走行距離、色などによって大きく異なります。人気がある車種や色、ニーズの高い車なら買取相場も高くなりやすいですが、ニッチなターゲットとなる車種の場合には、業者にとっては在庫として残ってしまうリスクが高いため、買取価格はどうしても低くなってしまいます。

 

例えば、ベンツやBMWは日本でも販売台数が比較的多い車種で、買取価格もそれなりに高額査定が期待できます。一方、ロールスロイスなどは販売台数自体がとても少ないレアな車種となるため、買取相場すら存在しないことも少なくありません。そういうレアな車種の場合には、買取査定を依頼しても驚くほど低い価格になってしまったり、自分でオークションに出したほうが高く売れるのではないかと思うほど査定額が上がらないことも多いようですね。輸入車をこれから購入しようと思っていて、最終的には乗り換える際に買取りで手放したいと考えている人は、車種選びでもできるだけ販売台数が多い車種を選んだほうが良いかもしれません。

 

輸入車専門買取り査定サイトはこちらから

輸入車の買取査定相場はいくら?

輸入車は、購入する時にはオシャレでスタイリッシュなデザインに大満足したり、欲しかった憧れの車を手に入れる喜びなどの感情が先立つため、数年後に手放す時のことはあまり考えない人が多いものです。輸入車も国産車と同じように、中古で手放したい時には買取査定を受けることができますし、相場で買い取ってもらうことが可能です。しかし、国産車と比べて下取り価格は安くなりやすく、手放す時にガッカリするオーナーが多いことも確か。できることなら、輸入車を購入する際には、買取りしてもらう際に高額な査定がつきやすい車種を選ぶのが理想的なのですが、やっぱりほしい車を買いたいもの。だからこそ、手放す時には高額査定をつけてくれる業者を見つけることが大切なのです。

 

輸入車を高値で手放す際には、まず市場の相場を知ることが必要ですね。ザックリとした相場を知っていれば、買取業者から査定を受けた時には相場よりも高いか安かが判定できるので、即決することも可能になるでしょう。輸入車の買取でも、輸入車.comなどは即決できる人ならその場で現金払いでの買取も行っているので、その点では手間が少なく時間もかからない中古車の買い取りが可能となります。輸入車の買取を行う業者は、大きく分けると、輸入車の販売店などディーラーで下取りという形で買い取ってもらう方法、輸入車の売買を専門に行っている業者に買い取ってもらう方法、そして買取のみを専門に行っている業者に買い取ってもらう方法があります。それぞれの業者ごとに、買い取った後の流通ネットワークが異なるので、できるだけ複数の業者から見積もり査定を取ったり、ネットで実際に買い取ってもらった人たちの価格をリサーチするなどして、相場を見極めたいですね。

 

輸入車.comでは、国内はもとより海外にもネットワークを持っているため、どんな輸入車でも高値での買取が可能です。国内でニーズが高い輸入車なら、国内に流通させることを前提に買い取ってもらうことができますし、国内にニーズが少なくても海外に流通させれば高値がつくような車種なら、それを前提に高値での買取が可能です。さらに、中古車としての価値は少なくても、パーツとしての価値が十分に残っている場合には、パーツに対して買取査定をつけてもらえるので、あきらめて廃車にする必要がないのです。これは輸入車オーナーにとっては、大きなメリットと言えるでしょう。