車両保険とは、事故を起こした時に自分自身の車を修理するための補償で、新車を購入する場合には、万が一の事故で車が全損した時に保険が買い替える金額を負担してくれるという大きな安心感から、車両保険に加入する人が多いようです。しかし、中古車の場合には、車両自体の価値がそれほど高くないこともありますし、少し位の事故でも自分の車は修理しない範囲で乗れるなら修理はしないという選択をする人もたくさんいます。そのため、車両保険なしと選択する人も実際に多いのです。

 

車両保険の保険料は割高なので、加入しないことによって保険料を安く抑えることができます。中古車によってどのぐらいの価値があるかは車種や年式、その車の状態などによって異なりますが、保険料を少しでも安く抑えたいという場合には、車両保険を思い切ってつけないという選択をするのも一つの方法です。

 

しかし、車両保険を付けない場合には、万が一の事故の場合に自分の自動車は自分で直すことになるので注意しましょう。もしも事故を起こした相手に落ち度がある場合には、その過失割合に応じて相手から保険金を支払ってもらうことができます。

 

例えば、事故を起こして自分の車に20万円のダメージが起こり、相手の過失が50%となれば、修理にかかる20万円の50%、つまり10万円は相手の保険会社から支払われます。そして、残りの10万円は自己負担となるわけですね。車両保険に加入している場合には、この10万円は車両保険から支払われるので、自己負担はゼロになるわけなので、そう考えると、車両保険を付けない選択をするなら、万が一の時には自己負担分が発生することは理解しておいた方が良いでしょう。

 

車両保険なしは極端だけれど、車両保険をフルにつけると保険料が高くなってしまうという場合には、免責をつけることによって保険料を安く抑えることができます。免責と言うのは、一回の事故で保険会社が支払ってくれる金額の上限をあらかじめ設定するということで、差額は自己負担となります。

 

最大20社 最短5分 自動車保険一括見積もりサービスはこちら